2007/12/3 月曜日

Fedora Core 6 ifcfg-eth0.bakが勝手に生成される

Filed under: network, fedora — admin @ 7:22:32

Fedoraを設定していたら、何かの拍子に何度設定し直しても、rebootする度にifcfg-eth0が作り直されて、設定内容がifcfg-eth0.bakに書き換えられてしまう状態に。

オンボードのLANってMCP61(geforce6100+nForceの統合チップ)じゃない?
kernelに含まれてるforcedethだと不具合あるよ
MACアドレスが正しく取れないから
起動するごとに別NICが刺さったとkudzuが認識して
ifcfg-eth* を作り直す
DHCPだったら起動する毎に新しいアドレスを取る、、orz
ifconfig でMACアドレス見て 00:00:06 で始まってたら誤認識してる

ということらしい。解決策は2択 

■ ネットワークカードの自動認識を停止する。
(1)ifcfg-eth0の物理アドレスの指定を消す

HWADDR=

(2) kudzu停止

chkconfig --levels 345 kudzu off 

■ ネットワークドライバをアップグレードする。

1. Download http://download.nvidia.com/XFree86/nforce/1.21/NFORCE-Linux-x86-1.21.zip and unpack
2. cd NV_Linux_DRV_PKG_v1.21/RHEL4_U4/source/
3. Edit forcedeth.c and change any reference for
tso_size to gso_size
xmit_lock to _xmit_lock 

4. Create Makefile with the following contents:
obj-m := forcedeth.o
5. Run:
make -C /usr/src/kernels/`uname -r`-`uname -i`/ SUBDIRS=$PWD modules
6. Run:
cp -f forcedeth.ko /lib/modules/`uname -r`/kernel/drivers/net/
7. Run:
depmod -a
8. Run:
modprobe -r forcedeth && modprobe forcedeth
9. Run:
mv -f /boot/initrd-`uname -r`.img /boot/initrd-`uname -r`.img.orig
mkinitrd /boot/initrd-`uname -r`.img `uname -r`
10. Launch system-config-network, remove ethX.bak, and update ethX settings
I did this to update the HWADDR in ifcfg-ethX
11. Lastly, I double-checked to make sure all *.bak files were gone from
/etc/sysconfig/network-scripts/
/etc/sysconfig/networking/devices
/etc/sysconfig/networking/profiles/default/

■ 参考URL
ドライバをアップデートする
boot up時に解決する
2chスレ

No Tags